記憶の引き出しを開ける

シャー!!

 

 

ほぼ毎日、急な予定変更がなければ

トゥリバーにPちゃんを連れて散歩に行きます。

 

いつもの時間に行くと

いつも散歩しに来る飼い主さんが沢山いる。

 

この散歩に来る方々、

ここ以外では接点のない方ばかりで

名前さえも知らない。

 

呼び方は大体

女性の場合→「〇〇(飼い犬の名前)のお母さん」

男性の場合→「〇〇(飼い犬の名前)のお父さん」

だったりする。

 

別に産んだわけじゃないのに

なぜ「お母さん」「お父さん」って呼ぶのか

これについてはものすごく不思議な点ではあるけど、

ここでは関係ないのでスルーします。

 

中には知っている方もいるので

その場合については、名前で呼ばせて頂いています。

 

って話がしたいわけじゃなくて

Pちゃんはそんなたくさんの犬が居る時

ほぼ必ずと言っていい程、その輪には入らない。

しかし、遠巻きに見て居る時はある。

 

本犬に聞いた訳じゃないので、

正確にはわからないけど

気にはなるけど、仲良くするのはね〜って

感じがします。

 

この感じが自分に似てて

あることを思い出しました。

 

私は子供の頃から

友達同士でグループになるとかとても苦手で

何かするときに誰かとペアになりなさいと言われたら

地獄でしか無かった。

 

友達があんまり居ないってこともあったけど

居てても苦手だったなぁ。

 

遠足のバスの席決めとか

別に誰とでも良かったので

一番後ろの席にしてたしね。

(一番後ろの席は酔いやすいので人気が無い=一人でのびのび座ることができてラッキー)

 

なんか、それが人と違うってのもわかってたし

若干白い目で見られてる感もあったけど

苦手なもんは苦手だったので

みんながワイワイして居るのを

遠巻きで見ていました。

 

そんな遠い昔のことだけど

最近のPちゃんを見ていて思い出したので

書いてみました。

 

どこかで聞いたことがあるのですが

今まで人生に起きたことというのは

全て脳の引き出しに入っていて

何かのきっかけで思い出せるようになっているそうです。

 

このブログを若い子が見ているとは思わないけど

学校とかで、グループとかに入るのが嫌で

いつも一人行動している子とかいれば

別におかしいことでは無いし

大人になったらそんな事どうでも良くなるし

グループとか関係なく人間関係も築けるし

友達だって出来るし

気にせず生きよ!と言うことが

言いたい訳じゃ無かったけど

そうなっちゃったので

この辺で終わりたいと思います。

 

 

要は、書きたいことがまとまっていないと

こんなことになるって事でした。

 

真面目に仕事します(笑

 

 


Tags: ,

コメントどうぞ

*